ソフトバンクの白戸家のCMなど、気になることをいろいろと書いています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソフトバンクの白戸家のCM、おもしろいですね。

なんといっても、一番のおもしろさは、お父さんですが、
本当、“お父さんが犬”って設定を考えた人は天才ですね。
“お父さんが犬”という設定、これは正直、ありえないぐらい素晴らしい発想ですね~

なんでも、もともとは普通にお父さん役の俳優を起用する予定だったのが、
その俳優が出演できないことになり、
ペットだった犬を、お父さんとして起用したとのこと。
まさに、『災い転じて福となす』ですね。

主人公は上戸彩だったはずですが、
もう今ではすっかりお父さん犬が主人公ですね。


そのお父さん役の人が出られなくなったおかげで、
お父さん犬が誕生したんですから・・・

もちろん、お父さん役の人が出られなくなったからペットの犬をお父さんに昇格、
という発想ができるところがすごいですね。

もうすでに、お父さん犬がソフトバンクの顔になってしまっています。
またあのお父さん犬が、なんとも良い表情なんですよね~

声の配役、北大路欣也ですが、北大路欣也の声も、お父さん犬の声として聞くと、
なんともユーモラスに聞こえるから不思議です。

そして、お父さん犬は、どんな場面にもマッチします。

東日本大震災のときには、普段のユーモラスさが消え、
なんだか本当に真剣に聞こえます。
これ、普通に俳優が出るよりも、なんだか真剣に聞こえるから不思議です。

また、ソフトバンクホークス優勝のとき。
お父さん犬が応援隊長として出ていると、なんだか、負けたチームも、
許してしまいそうな気がします。

殺伐とした世の中に、癒しの存在ともいえるソフトバンクのお父さん犬。

これからもソフトバンクの白戸家のCMは続きそうですね。

スポンサードリンク


Copyright © 気になること All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。